夜の健康を維持するためにバイアグラを飲むのが良い

年齢を重ねてくると、夜の健康状態について気になる人も多くなると思います。夜の夫婦生活が健康であることは、夫婦の円満につながっていく要素と言えますので、EDになっているときには早めに治療することが大切です。EDは勃起不全や性欲減退などの症状がありますが、近年では海外のメーカーが開発した治療薬がありますので、専門的な治療を行っているクリニックに行くことで、EDの症状を改善させることが可能です。夜の性生活における健康状態が良くないと感じるときには、クリニックを受診してED治療薬の処方を受ける改善方法を試してみると良いでしょう。
クリニックで処方が行われている主なED治療薬は、バイアグラとなります。バイアグラは日本でも知名度が高いですので、存在を知っている人が多いと言えるでしょう。バイアグラは媚薬というイメージを持っている人もいると考えられますが、正式に認可を受けている医薬品となります。バイアグラに配合されているシルデナフィルの作用によって、陰茎の血流を改善させることが可能となり、勃起を促進させる効果が得られます。バイアグラを飲んだからといって、その瞬間に勃起が始まることや、勃起が止まらないということはありません。服用してから性的な刺激を受けることで、勃起が促進されることになります。
バイアグラの作用時間は、服用してから4~5時間ほどと言われていますので、性行為を行う直前に服用する必要があります。1日あたりの服用回数は1回で、1度服用してからは24時間以上間隔を空けることが大切です。血流を改善させる作用があることから、陰茎がない女性が服用した場合であっても、性器の感度を引き上げられる効果があるという報告もあります。

ページの先頭へ戻る