性機能障害の改善効果があるバイアグラの価格について

勃起不全などの性機能障害が現れているときには、専門の医療機関を受診する必要があります。勃起不全や精力減退の症状が見られるようになってくると、精力剤などを飲んで改善を図ろうとする人もいますが、効果が実感できないことも多く、その場合には医療機関に行くことでバイアグラなどのED治療薬の処方が受けられます。バイアグラは世界中の人に使用されているED治療薬で、日本の厚生労働省においても認可をしています。血流を改善させる効果と、勃起を抑制させる酵素の作用を妨げることができるために、勃起不全の改善につなげることができます。
バイアグラはドラッグストアなどで販売されている医薬品ではありませんので、医療機関を受診することで購入ができます。保険が適用されない自由診療となるために、受診する医療機関によって販売価格が異なります。一般的な価格の相場としては、25mgのバイアグラで1300円、50mgのもので1500円ほどと言われています。医療機関を受診しなければならないために、初診料として1500~2000円ほどの費用もかかります。多くの医療機関では2回目からの診療の際には、再診料がかかりませんので医薬品の料金のみで入手できます。開発元のファイザー製薬の希望販売価格は、25mgのものが1100円、50mgのものが1300円と発表されています。
医療機関を受診して処方してもらうときの医薬品の選択肢として、ジェネリック医薬品もあります。2015年からバイアグラのジェネリック医薬品の販売が開始されているために、先発医薬品と比較すると少し価格が安くなります。ジェネリック医薬品であれば50mgのもので1粒あたり1250円で購入できるために、8割程度の費用に価格が抑えられて販売されています。先発医薬品の購入価格が高いと感じるときには、少しでも経費を節約するためにジェネリック医薬品を選択するという方法もあります。

ページの先頭へ戻る