血管拡張できるバイアグラはアイドラグストアで購入

勃起不全などのEDの症状には、身体的要因によって引き起こされるものや、心因性によるもの、またはその両者の原因になるものまで様々です。EDを発症する原因には様々なものが考えられますが、一昔前まではこれらの症状に悩む男性にとって改善効果のある内服薬は存在していませんでした。
1997年にはアメリカでED治療薬の承認が行われ、販売が開始されたものがバイアグラとなります。男性が性的刺激を受けたときには、脳から神経を経由してNO(一酸化窒素)が放出されてペニス内部において、cGMP(環状グアノシリーンリン酸)という血管を拡張させるための物質が生み出されます。cGMPの作用によって血管が広げられて、海綿体に血液が流れ込むことでペニスが勃起します。cGMPは血管拡張剤のような作用がありますので、長時間において放出が行われると勃起が収まらないことになってしまいます。そのために性的興奮が収まると、cGMPを壊すPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)と呼ばれている酵素が放出されることで、広がった海綿体の血管を収縮させて勃起が収まります。健康的な男性であればこのメカニズムがスムーズに行われていることになりますが、EDを発症している人の場合には、PDE5は通常どおり放出されているにもかかわらず、勃起を促進させるcGMPの量が減少してしまっています。バイアグラなどのED治療薬には、酵素の働きを抑制させて血管の拡張を促す作用があるためにED治療に有効となります。
バイアグラは医療機関で処方を受けることができますが、アイドラグストアのような通販サイトを利用する購入方法もあります。近くでED治療を受けられる医療機関がないことも考えられますので、アイドラグストアであればインターネットを使って全国どこの地域でもバイアグラを入手できます。

ページの先頭へ戻る